投資の見通し

現在、タイ・チェンマイエリアにおいては、不動産開発が活発的です。
近年、外国人対象の新築コンドミニアムが建設もさかんに行われており、成約率も順調。
今後タイ人投資家を中心に郊外型の大型コンドミニアムも建築されるであろうと思われます。

1.市内また市内周辺の土地の値上がり(10年で3倍)と、建設費(10年間で2倍)の高騰のため、タイ人中間階級層の一戸建て住宅購入が難しくなってきています。
そのためコンドミニアムに割安感が出てきたという事情もあり、今までタイ人富裕層の贅沢商品でしかなかったコンドミニアムへの、タイ人中間階級層の購入が増えてきています。

2.安全なセキュリティーシステム、24時間警備また、便利性と100%外国人名義になるコンドミニアムの必要性が増し外国人にはやはり一番人気です。

3.固定資産税、相続税、贈与税がないのも特徴です。

コメントは受け付けていません。