外国人の所有できる物件

外国人が取得できるタイの不動産として『コンドミニアム』があります。
(日本の分譲マンション形態のことです。)

物件に対して外国人枠49%、タイ人枠51%の割合で、
外国人に所有権移転を本人名義100%で登記できます。

これは、100部屋の分譲であれば、49部屋を外国人、51部屋をタイ人名義で登録できるということではなく、「総分譲面積の割合」で計算することになります。

コメントは受け付けていません。